シモちゃんのブログ

明るく楽しく借金返済計画!

 

借金といえば、とっても暗〜いイメージがありますよね。
私も最初は旦那さんに、借金があると聞いてビックリしました。
毎月毎月「ちゃんと払った?」と聞いて監視するのもしんどかったですね。

 

また逆に私自身、貯金がとても好きだったので、肩代わりするとか全くもって考えたくないことでした。
それもありますが、代わりに返済すると、旦那さんのためにもならない!
そう思ったのもあります。

 

でも、ある日考えを変える出来事がありました。

 

それはまさに、住宅ローンを組みたいと思ったときなんです。
旦那さんに借金があるために、ローンが通らなかったんですよね。

 

私の目標は家を買うことだったので、その目標のためなら、借金を代わりに返済することなんてなんでもないじゃないの。

 

と思えるように。
そんなこんなで、一気に返済して、その代わり妻という無利子の銀行に毎月返済してもらうことにしました。

 

逆に、色々マイナスになったけれど、よ〜し頑張って働くぞ〜!という気合も入って、逆に毎日張り合いが出てきたんですよね。

 

まだ全額返済とまではいきませんが、明るく楽しく前向きに返済して、家を買うぞ!と、決意しました。

 

なんでも明るくしないとダメですね。
子供も2人目が産まれるし、頑張っていれば、いつかは報われる。
そう思って、日々どうやって節約するか、楽しく暮らしております。

東京スカイツリーに行って来ました

 

先日、夫と一緒に東京スカイツリーの展望台にのぼって来ました。

 

建築中にも一度見に行った事があり、完成を二人で楽しみにしていました。

 

事前に予約チケットを取っていたので、
当日券を求める人達の長蛇の列を横目にツリーの1階フロアへ。
カウンターでチケットを受け取り、展望デッキへのエレベータに乗り込みました。

 

エレベータは、地上350mの天望デッキまで分速600m、時間にして約50秒、
本当にあっという間でした。
周りのお客さんたちも口々に「早い、早い」「えっ、もう着いたの?」
驚きの声を上げています。

 

扉が開き、目の前に広がる大パノラマ。
ちょっと高所恐怖症でもある私だったので、東京タワーよりもずっと高い展望台は
足がすくんでしまうかな?と思っていたのですが、
意外にも全く怖くありませんでした。

 

あまりにも高い位置から見ているため、
風景がまるでミニチュア模型のように感じられて恐怖心が沸かなかったのです。

 

天望デッキを1周した後、いよいよ天望回廊へ。
さらにミニチュアと化した東京の風景を眼下に少しずつ歩を進め、
遂に最高到達点「ソラカラポイント」に到着。
主人と交代で記念写真を撮り合いました。

 

その後、足元のガラスから下が覗ける「ガラス床」に立ち寄り、
夫が「写真を撮ってあげるからガラスの上にしゃがんで」と言うので
しゃがんでにっこり笑ってピース。

 

ところが出来上がった写真を見たら、フラッシュを焚かなかったので
ガラスの下は明るく中は真っ暗に写っており、、
私の顔も真っ黒で歯だけが白くぼうっと浮かび上がっていて…
二人で大笑いしました。

 

心残りは、当日は曇天だったので富士山が見えなかったこと。
夫も残念がっていたので、またいつか晴れた日に二人で来ようね、と話しながら
スカイツリーを後にしました。